小沢一郎を党員資格の停止処分 - 気になるニュースをチェック!NewsGメン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎を党員資格の停止処分

民主党執行部は小沢一郎元代表を事件の判決が確定するまでの間の党員資格の停止処分にすると決めました。この党員資格の停止処分とは、民主党の倫理規則の中では、処分として重い順に、除籍、離党の勧告、そして党員資格の停止とある中での最も軽い処分のようです。ちなみにこの党員資格停止処分の間の制約は、代表選には出馬できず、党からの政治資金支給もなし、しかし法案への賛否は党の規定に従わなくてはいけないというもので、衆議院での再可決に1人でも人数が欲しい今の菅政権にとっては何とも都合がいい処分です。

誰もそうなるとは思ったなかったでしょうが、今年の初めの会見では、菅直人総理大臣は小沢一郎の議員辞職にまで言及してたのに、その勢いはいったいどこに行ったのか。相変わらず、自分の発言に責任を持とうとしない頼りない総理大臣です。

ところで、この小沢一郎の処分に関して、民主党の枝野幸男官房長官は14日の記者会見で、「国民の理解が得られ、速やかにしっかりとした対応がなされることを強く期待する」と述べたそうです。

しかし、果たしてそうでしょうかね。証人喚問するわけでもなく、除籍処分するわけでもなく、単に自分たちに都合のいい処分を形だけ行って、本当に国民の理解が得られますかね。本当にそう思っているとしたら、国民を馬鹿にしすぎだよ。

この枝野官房長官の発言を聞いて、俺には「国民の理解を得るために、あるいは支持率回復のために早く小沢一郎を処分しろ」と聞こえてなりません。

ポピュリズムへの迎合、ご都合主義、そして党利党略・・・やっぱりこの政権も政党もダメですね。例え消去法でも、早く民主党政権を終わらせてほしいと切実に願います。
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ

トラックバック

http://dokudan.blog52.fc2.com/tb.php/6-8c037441

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。