仙谷由人代表代行が解散要求を批判! - 気になるニュースをチェック!NewsGメン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷由人代表代行が解散要求を批判!

徳島市内の講演で、民主党の仙谷由人代表代行が13日、「野党の解散要求が生産的ではない」といった内容の発言をしたようですね。
でも果たしてそうでしょうか?
ということで、仙石氏の発言について考えてみました。

政権交代前に民主党が掲げたマニフェスト。
財源の問題など色々と批判されていましたらが、
彼らは「大丈夫!」と常に言っていました。

マスコミも民主党のマニフェストを批判する当時の与党の自民党の広告に対して、
ネガティブキャンペーンみたいなことを言って批判していた記憶があります。
(もっともすでに当時の報道はどこ吹く風と、
マスコミは民主党批判に転じてますがね…)

ところがどうでしょう。
実際に政権交代が起こってみれば、
マニフェストなんて全く実現不可能だったことがはっきりしました。
民主党の仙谷由人代表代行も13日、
徳島市内の講演で民主党の判断が甘かったことを認める発言をしているようですね。
認めざるを得ないほど、
実現不可能なマニフェストだったということです。

であればやっぱり、
改めてマニフェストを作成し、
総選挙で国民に聞くべきだと私は思いますが、
この仙石さんは考えが違うようです。
同じ徳島市内の講演で、
「野党の解散要求は生産的ではない!」とか何とか言ってるようですからね。

私からすれば、
民主党政権であることそのものが生産的じゃないと考えてしまうし、
この方を含めた民主党議員に解散要求を批判する資格はありませんよね。
結果的に国民との約束であるマニフェストが守れなかったんですから当然です。

もういい加減政局じゃなくて政治をしてくれませんかね、
どこをみても政局ばっかりでうんざりです。
政治家たるもの、
まずは日本の将来を考えて欲しいですね。
自分の子供たちが住みやすい日本になることを切望します。

コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ

トラックバック

http://dokudan.blog52.fc2.com/tb.php/5-a37c02e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。